二十四節気とは?

二十四節気は、太陰暦の日付と季節を一致させる為に考案されたもので、明治五年まで使用された太陰太陽暦の一つ。
(天保暦もこれを使用)
現在「旧暦」とよばれている暦は、この天保暦の規則に準拠した暦。
なので、「旧暦」の日付を決定するためには、二十四節気が必要。
この二十四節気は、今でも季節の移り変わりを表す言葉として用いられ、ニュースなどでも採り上げられる。


二十四節気:大雪(たいせつ:2018年は12月7日)
この日から冬至(12月22日)までの期間を大雪という。
 
山岳だけではなく、平野にも降雪のある時節という事から、大雪と名付けられた。
この頃になると、九州地方でも初氷が張り、全国的に冬一色となる。
 
ところが、今年は全国的に気温が高く、今になってようやく北国から雪の便りが届き始めました。
過去に、こういう年は極端な気象現象が現れているため、この後記録的な豪雪などにならないと良いのですが。心配ですね。

2018/11/12

2019年の営業カレンダーを公開しました。
尚、一部祝祭日の弊社休業日については、法令により変更となる場合があります。
➡2019年営業カレンダーを見る

当社の”売り”は、『完全責任配送システム』

原則として、商品配送を他の運送業者に委託するようなことはしません!
当社スタッフが、現場まで責任をもって配送します。
朝一番の指定時間に現場に配送、そんなことが出来るのも自社配送システムが完備しているからこそです。
タイル等、材料が届かずに、職人さんを現場で待たせるようなことがなくなります。
受注から積み下ろし、配送まで、タイルを知り尽くしている者が、業務に専念しています。
〜安全、迅速、確実〜 にお届けすることをお約束します!!

ご使用予定商品の早期手配のお願い

日頃は弊社への格別なご高配を賜り心より御礼を申し上げます。
私達の窯業業界は既にご承知の通り、『タイル需要の激減(最盛期の1/3以下)』に伴い、旧来の多くの生産メーカーや流通の商社が倒産・廃業となり、存続のメーカーにても規模の縮小を余儀なくされており、生産規模に合わせた【改廃番】が高頻度に行われており、従来の様に『カタログに在るものは在庫がある筈』の常識が適わない状況になっております。
つきましては、(採用・使用決定時)には『数量・希望納期』を前提に(在庫確認)を頂き、決定時には(出来るだけ速やか)に『正式発注』を頂きます様、お願いを申し上げます。
厳しい時節柄、関係者各位の【ご協力・ご配慮】を頂き、お互いの【自衛】の為(無駄)を排除し、【生産性の高い】業界にしたいものと考えます。
勝手なお願いかとは思いますが、本意ご理解を賜り、関係者一丸となり、厳しい現状を乗り越えるべく、ご協力を賜ります様お願いを申し上げます。
(株)梅村タイル店 代表取締役社長 梅村孝史

←ロゴマークを クリックして、『ブログ〜社長の部屋〜』もご覧下さい!

タイル施工技術講習会情報

LIXILショールームにおきまして、2015年は2回、外装タイル接着剤張り工法の講習会を実施致しました。
お忙しい中ご参加頂きました皆様、誠に有難うございました。
弊社では、今後も皆様へお役立て出来る情報を発信して参りたいと思いますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
(株)梅村タイル店 代表取締役社長 梅村孝史

提案型タイル専門店
Tile Style 深大寺

玄関にタイルをプラス
キッチンにタイルをプラス
パウダールームにタイルをプラス
トイレにタイルをプラス
リビングにタイルをプラス
寝室にタイルをプラス
気軽にインテリアにタイルを取り入れてみませんか?
あなたが暮らす生活空間の壁に、床に、彩りを添えてもっと楽しい暮らしの提案をしています。


タイル名工紹介:名匠の輪

技量の高いタイル職人、”名工”の方々をご紹介します。
タイルの持つ素晴らしい意匠性は、熟練の”名工”の技でこそ活かされます。
又、腕に覚えのあるタイル職人さんを募集しています。
優れたタイル職人を当店の名匠として登録させていただき、タイルの魅力を存分に発揮する良い仕事を一緒にやりましょう!


タイル工事全般:陶秀

グループ会社「株式会社 陶秀」は、タイル工事の請負・施工、及び、乾式工法をはじめとするタイル工事全般のコンサルティングを業務としています。

タイルに関するあらゆるニーズにお応えするには、高い技術力を持つ、現場施工体制作りが必須です。

梅村タイル店はタイルに関するエキスパートとして、『お客様のいかなるニーズにもお応えしたい』と考え、日々研鑽しています。